土日診療の歯医者。さいたま市南区の歯科医院

〒336-0032
埼玉県さいたま市南区四谷 2-7-1

診療時間
9:00~12:30 ×
14:00~18:30 ×

△:14:00~18:00
休診日:木曜・祝日

ご予約・お問合せはこちら

048-866-0541

当院の口腔外科治療

親知らずの抜歯など専門的な治療

親知らずが痛む、腫れるといった経験はありませんか?親知らずは正常に生えてこない場合も多く、大学病院などの大きな医療機関でなければ、治療ができないことも多々あります。しかし大学病院は診療時間が限られている上、自宅から遠く、なかなか通えないという方も多いのではないでしょうか。

そんな方は、ぜひ当院にお任せください。大学病院口腔外科での治療経験や専門的な知識を活かし、斜めに生えた親知らず、歯ぐきに埋まってしまっている親知らずなど、難しい症例にも対応が可能です。どのような場合でも、より安全で負担の少ない抜歯手術を心がけています。

また、親知らずの抜歯手術のほかにも、お口の中のできものやお口周りの外傷などの診断・治療も行っております。もしお口に関して何か異変を感じたら、お気軽にご相談ください。

麻酔を工夫し、痛みの少ない治療を行います

痛みが苦手で、親知らずの治療をためらっていませんか?当院では、そんな患者さんをひとりでも多く救いたいという思いから、なるべく痛みの少ない治療を心がけています。

特に工夫しているのは、麻酔の打ち方です。麻酔は治療中の痛みを軽くするためのものですが、そもそも麻酔注射が苦手という方もいらっしゃいます。

そこで当院では、歯ぐきにあらかじめ表面麻酔を塗ることで、注射針を刺すときの痛みを軽減。また、針は細いほど痛みを感じにくくなるため、日本で手に入る種類の中で1番細いものを使用しています。さらに麻酔液を注入する際には、より痛みを感じにくいよう、時間をかけてゆっくりと行います。

痛みが苦手、麻酔注射が苦手という方も、落ち着いて受けられる治療を心がけています。

感染予防を徹底。常にクリーンな環境です

親知らずなどの抜歯は、外科的な処置が発生することがあります。外科手術の処置中は傷口が開いた状態のため、そこから細菌が体に入り込んで感染症を引き起こすリスクがあります。

こうしたリスクに備えて、当院では感染予防対策を徹底しています。

治療時に使用するグローブ、エプロン、コップなど、使い捨てができるものは、使用後に破棄。それ以外の治療器具やハンドピースなどは、滅菌器を使って徹底的に滅菌しています。

医院内を常にクリーンな環境に保ち、安全な治療を受けていただけるようにしています。

口腔外科治療の流れ

検査

検査器具やレントゲンで、歯やあごの骨の状態を調べます。

治療計画の説明

歯やあごの骨など、お口がどんな状態なのかをご説明し、治療計画をご案内します。

親知らずの抜歯

抜歯の必要がない場合もあります

親知らずを抜きます。抜歯の必要がない場合は、適切な処置を行います。

消毒

親知らずを抜いた部分を消毒します

抜糸

傷口を縫合した糸を抜きます。

 

診療時間

 
午前 ×
午後 ×

午前:9:00~12:30
午後:14:00~18:30
△:14:00~18:00

休診日:木曜・祝日

048-866-0541

〒336-0032
埼玉県さいたま市南区四谷 2-7-1